プロポリスイメージ

インフルエンザ対策にプロポリス

岡山県にあるプロポリスの研究所がブラジル産のプロポリスに新型インフルエンザを予防する力があると発表したことから、インフルエンザシーズンにこれを利用して水にとかして外出ら戻った時にうがいをしたり、薄めて飲んだりしています。
プロポリスの主な産地や含まれている成分はこちらで紹介されています。
免疫力が低下しているときに、効力を発揮するのはどうやら本当のようで、実際にどのように摂取することがもっとも効果的なのかのアドバイスがないので、適量を飲んだりうがいに使うということで対応しています。
人間は弱っている時はなんとなく風邪をひきそうなのが自分でもわかりますが、そういう時になんとかひかずにとどまるために活用しているというのが正確な表現かもしれません。
この成分は薬ではないのでなかなか効果効能を語るのが難しいようですが、蜂の巣の外壁材につかわれていてあらゆるものの腐食をふせぐことまでは事実としてわかっており、どうやら免疫力を維持するのにも役にたつことが少しづつわかってきているようです。
もともと口内炎や風邪による喉の腫れなどには原液をたらしたり、水で薄めてうがいをしたりして実際に効果があるのを実感してきましたので、インフルエンザにも効くのではないかと期待していたのですが、そうした研究発表をみて、個人的に対策として使っているというわけです。
あくまで健康食品ですので、過剰な期待はしないようにして、常識的な範囲で利用するようにしています。
さすがに原液は強烈な味とにおいなので、水で薄めていますが、効果はそのままのほうが強いのかもしれません。
更にプロポリスの効果的な飲み方で飲んで効果を実感したいですね。
このあたりも適切な利用方法を開示してくれるようになるともっと効率的に利用できるようになるのですが。
この商品の場合、何にまぜてもおいしくないものはおいしくないので、とにかく水で我慢して流し込むようにしています。
外出から戻った時のうがいや朝晩に1滴たらして水で飲み干すといった使い方をしていますと三ヶ月程度で1本の小さな瓶のものを消費するぐらいの感じで、そう沢山利用しているわけではありませんが、それなりの予防効果を実感しています。
市販の風邪薬では効能が抑えられているので、むじろプロポリスのほうが役にたっているような気がしています。
副作用等はまったくありませんので安心して利用できているのもとても助かります。
とはいえ、過ぎたるはなんとやらともいいますので、必ず適量の利用を心がけるようにしております。
ちなみに今年の冬もこれを継続させることで風邪も予防することができました。
こちらにも詳しくプロポリスの効果効能について掲載されているので、是非ご覧になってください。

Copyright(c) 2013 みつばち.com All Rights Reserved.